※弊社は金融行為を一切行っておりません

クレジットカードの現金化に危険性あり?リスク回避の方法とは

カードローンとクレジットカード現金化の違い

お金が必要になった時にまず思い浮かぶのが、CMや広告などでよく見る金融機関でお金を借りるという方法なのではないのでしょうか。
カードローンとも呼ばれ、ネットや店舗、銀行などで申し込むことがあり、厳正な審査があります。

収入がない学生や主婦などは審査が通りづらく、また他で借り入れがあったり、借金がたくさんあったりすると通らない可能性が高いでしょう。
また、収入がある人でも審査による在籍確認のために、勤めている会社に電話で連絡があります。
これによって職場の人たちに、金融機関でお金を借りようとしているということが分かってしまいます。
そして、カードローンでお金を借りることによって、信用情報機関に金融機関でお金を借りたという履歴が残ることになります

カードローンとは違って審査がないのがクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化です。
クレジットカードを持っていて、ショッピング枠が空いていれば、どなたでも利用することができます
普通にショッピング枠を利用しているだけなので、クレジットカード会社からは所属会社などに連絡はありません。
もちろん信用情報機関に履歴などは残りません。

このようにクレジットカードの現金化は、審査もなく会社などにもバレずに行えるので、お勧めです。

クレジットカードが利用停止となるリスク

審査もなく会社などに在籍確認もないクレジットカードの現金化ですが、とても大きなリスクがあります。
それは、クレジットカードが利用停止となる可能性がある、ということです。

どういうことかというと、クレジットカード各社はショッピング枠を利用した現金化を禁止しており、万が一現金化がクレジットカード会社にバレると、利用停止という厳しい対応が取られてしまう場合があります
一度利用停止となってしまったカードは、再び利用できるという保証はありません。
利用停止となり、後日強制解約ということになれば、信用情報機関にも履歴が残り、二度とクレジットカードを作ることはできない恐れがあります。

今後もし自己破産を申請しなければならなくなった時、クレジットカードの現金化を行ったという情報があると、裁判所に免責の許可を得なければならないのに、それが許可されなくなる場合があります。
破産法で、換金目的でクレジットカードを利用した金券の売買行為を行った者は、免責を許可できないとなっているからです
裁判所にクレジットカードの現金化がバレる可能性は低いですが、覚えておくと良いでしょう。

クレジットカードの現金化をバレないようにするには

クレジットカードが利用停止とならないために、クレジットカード会社にバレないようにしなければなりません。
カード会社はどのように監視しているかというと、現金化を行っていそうような履歴についてシステムで抽出するようにしています。

さらに、クレジットカードのキャッシング枠の利用金額が、上限いっぱいに利用している人の履歴は、優先して抽出されてしまうようです
なぜかというとキャッシング枠ではもう利用できないので、ショッピング枠を現金化して現金を得るのではないかと判断されるためです。
キャッシング枠が埋まった状態で、換金率の高い金券や商品券をショッピング枠で購入したら、現金化しているとされ、利用停止となってしまう可能性があります。

おそらく実際に利用停止となった人はそこまで多くはないと思いますが、利用停止となった人がいるのは事実です
普段からクレジットカード会社にマークされないように、キャッシング枠は上限いっぱいまでは利用せず、ショッピング枠で金券・商品券などは購入しないようにして、現金化は頻繁に行わないようにするなど、注意して利用する必要があります。

まとめ

クレジットカードの現金化は、カードローンと比べると審査がなく所属会社にもバレることなく行えますが、利用停止になる可能性があるという大きなリスクがあります。

利用停止とならないように、換金率の高い商品を高額購入しないなど注意が必要です。
また、キャッシング枠が埋まっているという人はすでにマークされているので、利用する際はキャッシング枠を少し返済してから行うと良いでしょう。

自分で現金化を行うよりも、現金化業者を利用した現金化のほうがリスクが低いのは明白です。
業者を利用した現金化をお勧めします。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る