※弊社は金融行為を一切行っておりません

1万円から現金化可能?クレジットカード現金化のメリット・デメリットとは

1万円の現金化なら現金化業者

1万円だけクレジットカードのショッピング枠を現金化したい!となったら、まずはネットで該当する業者を探しましょう。
業者によっては少額過ぎて取引してもらえないところもあるので、ホームページなどで確認が必要です

業者を選んだら、ホームページの申し込みから必要事項を入力後、申し込みます。 必要事項は、名前や電話番号、希望金額などになります。
入力完了したら、申込送信を行います。

その後、業者から電話連絡があるので、そこで詳細な説明がされます。
聞いてみて質問事項があれば確認しましょう。
問題がなければ、現金化のやり取りが始まります。

業者に指定されたように行うと、最短30分で1万円をゲットできます
1万円と少額なので、支払日にも困ることもないでしょう。
最初は不安がある、という人も1万円から試しにしてみてはいかがでしょうか。

1万円現金化は還元率が低い

1万円の現金化は支払いの負担が軽いため、メリットだけかと思いますが、そうではありません。
現金化は、金額が高ければ高いほど還元率が高く設定されています
100万円の現金化であれば、96%など高く還元されるでしょう。

ですが、1万円の場合は高くて80%程度です。
1万円が手元に欲しくて1万円を現金化しても、8,000円しか現金が手に入らないことになります
1万円以上欲しい場合は、12,500円以上を現金化する必要があります。

少額のクレジットカードの現金化を行う際には、手に入れたい現金と還元率を計算して行うようにしましょう。

自分での現金化はハイリスク

1万円と少額であれば、業者を利用せず自分で行う現金化の方法もあります。

どのようにやるのかというと、クレジットカードのショッピング枠で購入できる商品を探し、その商品を購入後、買取ショップなどで転売すれば、現金をゲットできます

例を挙げると、高級ブランド品をクレジットカード決済で購入します。
高級ブランド品でかつ新品であれば、元値からあまり減額されずに、質屋などで売れるでしょう。

自分で商品を探し、購入し転売しなければならず手間がかかりますが、業者を利用するよりも多くの現金を手に入れられるかもしれません。
ですが、自分で現金化を行うことはとてもハイリスクなのです。

というのも、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、クレジットカード各社が利用規約で禁止すると記載されています。
そのため、万が一現金化がクレジットカード会社に発覚した際には、カードの利用停止、さらに強制解約という処分が待っています

自分で現金化を行うということは、高換金率の商品をクレジットカードで購入しなければならず、現金化に厳重な監視体制を敷いているとところに、あえて飛び込んで行かなければならないということです。
その辺りのリスクを考慮して、検討するようにしましょう。

まとめ

少額の現金を調達したい場合は、キャッシングやカードローンで借りるよりも、クレジットカードの現金化を行うことをお勧めします。

ネット検索すると、1万円から対応してくれる現金化業者は多数あるので、その中から優良現金化業者を探しましょう。

少額ですと還元率が低く設定されている業者がほとんどですが、即日現金は手に入るのでお勧めです。

現金化自体が不安という人は、少額からはじめてみてはいかがでしょうか。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る