※弊社は金融行為を一切行っておりません

クレジットカードでの現金化には危険がある?注意点をご紹介!

クレジットカードが利用できなくなる危険性について

クレジットカードを利用しての現金化では、最悪の場合、バレてしまうとクレジットカードの利用停止まで及んでしまうことがあります
現金を手軽に手に入れることができる反面、使用する際はそういったリスクに備える必要があることをしっかりと押さえておきましょう。

クレジットカードを利用する用途は、顧客の自由ですから、常に利用を監視されているなどと言ったことはありません。
しかし、1度にプリペイドカードを大量に購入してしまったり、カード会社が不審に思うような事を毎月のように行ったりしていると、カードの利用に制限が入るようになります

また、通知などで急に利用を停止させられることもあります。
購入するときは、疑われない買い物を心掛けましょう。

カードを使っての現金化は、犯罪ではありません。
しかし、カードの利用は制限されてしまうという限りなくグレーな存在であることは確かです。

1度カードが止められてしまうと、再開は非常に難しいです。
疑われない使用方法は難しいかもしれませんが、普通の買い物を行っているんだよ、怪しくないよ、と言える買い物を心掛けていれば、カードの利用停止を防ぐことができます。
購入方法、何を購入するのか、どこで購入するのか、ということをしっかりと確認し、購入するようにしましょう。

キャッシング枠は上限いっぱい利用すると危険?

先述では、怪しい購入の仕方をしてしまうとクレジットカードを利用出来なくなる可能性がある、ということをご紹介しました。

では、クレジット会社は、どうやって判断しているのでしょうか?
気になるかと思います。クレジット会社では、独自のシステムが導入されています。

カードを利用していると、そういった購入をした際にシステムが反応し、会社に知らせてくれるように組み込まれているのです
そういったシステムでは、常に限度額なども見ているので、上限に近い人の事は、しっかりと監視システムが見ているようです。

次に、金券やブランド品など、換金率が高いもの、と指定されている商品を購入した際は、厳しくチェックすることもあるようです
現金化によく利用されていたこともあり、現在では金券などはクレジットカードで購入することができなくなっています。

違法サイトなどを利用すると、稀に金券をクレジットカードで購入することができます。
しかし、それを利用してしまうと、真っ先にクレジットカード会社に目を付けられ、利用を制限されてしまうでしょう。
疑いの目を向けられやすくなってしまうので、購入する際は、同じものをたくさん購入したりしないように注意しましょう。

利用停止にならないためには?何を気を付ければいい?

クレジットカードを利用して現金化を行う際、クレジットカード会社に目を付けられないためには、常に限度額に余裕を持つ必要があります。

余裕がないと、それだけで注意すべき対象とされてしまうこともあります。
利用停止にならないためには、計画的に限度額をチェックしながら使っていく必要があるのです。

また、換金率の高い商品ばかりを意図的に購入し続けないよう注意しましょう
複数のブランド品を購入するのなら大丈夫ですが、同じブランドの財布を大量購入した、という履歴があれば疑われてしまいます。
同じように、プリペイドカードの大量購入も、実際に自分が使用するのだとしても目を付けられてしまうポイントです。注意しましょう。

最後に、現金化を行うと、購入した金額をほぼ同等の現金を手に入れることができます。
そのため、味を占めると何度でも繰り返したくなってしまいますが、そこはぐっとこらえるようにしましょう。

何度も同じ事を繰り返すことほど危険なことはありません。
そういったことにも注意しながら取り組んでいきましょう。

まとめ

クレジットカードを利用しての現金化は、楽に現金を手に入れることができる反面、クレジットカードの利用を制限されてしまうなどのリスクもあることが分かりました。

業者は、決済時の利用明細などを通して、常にシステムが監視するように設定されています。
そのため、同じ商品を何度も購入したり、換金率が高いものを意図的に購入したりしている危険性を発見すると、利用を制限するように働きかけてくるのです。

そうなると、カードを利用することができなくなり、普段の生活にも支障をきたしてしまいます。
そうならないよう、なるべく頻繁な現金化は避けるようにし、安全に利用していくことをおススメします。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る