※弊社は金融行為を一切行っておりません

Suicaを現金化するための3つの方法とは?

ビール券はビール以外も購入可能

ビール券は正式名称はビール共通券と呼ばれ、主にビールを購入するとき利用できる、全国酒販協同組合連合会が発行している商品券です。
ビール券は2種類あり、1枚で633mlの瓶ビール2本と交換できるもの、350mlの缶ビール2本と交換できるものがあります。

ビール券という名称からビールしか購入できないと思いますが、実はビール以外にも利用できます。
利用場所も酒屋のほか、コンビニエンスストアや、スーパーマーケットでも利用することができます。
ただ、店舗によりビール券を利用できないところもあるので、確認が必要です。

ビール券の購入は、酒屋などのお酒を取り扱っている店舗で行えて、基本的に店舗での売買になりますが、オークションやフリマアプリでも購入は可能です。

ビール券を購入するという機会は少ないかもしれませんね。
基本的にもらうことが多い商品券と言えるでしょう。

家の奥にビール券があるという人は引っ張り出して、買取ショップなどで売りましょう。 高い換金率で売れることは確実です。

金券ショップで売るほうがお得

ビール券を現金化するにはどのように行えば良いのでしょうか。
方法として2つが考えられます。

・金券ショップで売却
・ネットオークション又はフリマアプリで売却

金券ショップで売却すると、とても高い換金率で買い取ってくれます。
98%を超えるところも多いでしょう。
ビール券1枚につきにつき、10円ほどの損で売却できることになります。

ネットオークションやフリマアプリでも高い換金率で売ることができますが、考慮しなければいけないのが、売った際に手数料がかかってしまう点です。
売却額から手数料分を引いた金額になるので、スマホ片手に売ることができますが、手数料を考慮すると金券ショップで売った方が良いでしょう。
共通して言えるのは、有効期限切れのビール券は、売却することはできません。
少なくとも半年以上の有効期限がなければ、買い取ってもらえないと思うので注意しましょう。

ビール券で現金化は非現実的

ビール券ですが、クレジットカードのショッピング枠を利用して購入することはできるのでしょうか。
結論から言うとできません。

基本的にはビール券は全酒協加盟店の小売店で、かつ現金でしか購入することができないからです。
ネットでも販売していませんしね。

どうしてもクレジットカードで購入したいのであれば、ネットオークションかフリマアプリになりますが、前述したように売却した際に手数料がかかってしまうので、手に入れられる金額は少なくなってしまいます。
大量に売却できればいいですが、送料を考えると現実的とは言えません。

わざわざビール券をクレジットカードで購入して売却して現金化するのは向いていませんが、もらったビール券を金券ショップなどで売却するのは良いでしょう。

まとめ

ビール券は自分で所有しているものであれば、金券ショップで売却して現金化するのは良いでしょう。
98%以上の換金率で現金化できるでしょう。

ネットオークションやフリマアプリで売却するのは、手数料等発生するのでお勧めできません。

ビール券がない人は、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化がお勧めです。
現金化業者を利用すれば、短時間で現金を手に入れることができます。

お申込み・ご相談はこちらから

高くて早い!リピート率No.1 WEBお申込みは24時間受付中!

※フォーム入力の所要時間は約1分です。

新着記事一覧

アーカイブ

ページの先頭へ戻る